リハビリ現場でTimed Up & Go Test(TUG)の活用事例


開眼片脚起立時間とともに運動器不安定症(MADS)の指標となっているTimed Up & Go Test(TUG)を映像分析で実施している事例です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。