リハビリ現場でSTEF 簡易上肢機能検査における活用事例

リハビリ現場でSTEF 簡易上肢機能検査における活用事例

リハビリ現場でSTEF 簡易上肢機能検査における活用事例です。

指の軌跡を座標として数値化しています。
カメラの手ブレがありますが、数値取得の際にブレだけを定点で数値化し差し引きすることで、指の座標は手ぶれ補正された状態で算出することができます。