【感動する漫画】選手生命を絶たれたエース


無駄に高い慎重にコンプレックスを感じていた私に、バレーボールを勧めてくれたのは母だった。

 

性に合っていたのか、どんどんその魅力にはまっていって、私は高校生になった今でもバレーボールを続けている。

 

しかし・・・

 

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓